★プレスリリース情報★【共同研究発表】ゲーム感覚の二重課題運動は超高齢者の身体機能や認知機能を高める

★プレスリリース情報★
【共同研究発表】ゲーム感覚の二重課題運動は超高齢者の身体機能や認知機能を高める

国立大学法人 筑波大学(学長:永田 恭介)と、老人ホームに入居する高齢者の方々を対象に、
ゲーム感覚でできる二重課題運動を行うことで、
身体機能と認知機能の両方を著しく維持・改善する研究結果が得られたことをご報告いたします。

尚、本研究結果の論文は、認知症に関する国際的なジャーナルである
「Alzheimer's & Dementia: Translational Research & Clinical Interventions(4/15発行)」に掲載されております。
  • 介護従事者へ
  • 運動指導者へ
  • 人事・研修担当者へ
  • 子どもの教育関係者へ
シナプソロジー研究所への
お問い合わせは
こちら

このページの先頭へ